投稿日:

長生きした家系なので長生きサプリを飲んでいます。

私の父方は、みな長生きです。

父の長姉は、現在101歳。その下に、99歳、94歳、91歳の伯母たちが続き、父が88歳。末弟も82歳で健在です。

そんな中、父と叔父の間にいた女子だけが、早死にしています。享年わずか14歳。

それは、終戦の直前のことだったといいます。

北九州市が大空襲を受け、数日後に長崎に原爆が落ち、さらにその数日後、戦争は終わりました。

八月に入ったばかりの、暑い日だったそうです…。

父のきょうだいのうち、末の2人だけが、空襲を避けるため、親戚を頼って大分県の山間の村に疎開していました。

その日、父は、バスを乗り継いで、親戚の家を訪ねました。

妹と弟は喜び、「川でウナギをとってくる」と言って出かけました。

ずいぶんたってから、弟の方が泣きながら帰ってきました。「ねえちゃんが、ねえちゃんが」と。

親戚や村の衆が川に駆けつけてみると、少女は大きな石の下敷きになっていました。

弟が踏んで跳んだ石に、少女が続いて飛び乗った瞬間、石はぐるっとひっくり返り、彼女を巻き込んだのでした。

即死ではありませんでした。

一昼夜苦しみ抜いて、亡くなったそうです。

田舎のことで近くに病院などなく、隣村から医者が来てくれましたが、手の施しようがなかったということでした。

私がこの叔母のことを知ったのは、彼女の50回忌のときでした。

33回忌のときは、私はまだ子供だったのです。

長命なきょうだいたちの中で、ただ1人夭折した妹のことを、父は今も悔やんでいます。

疎開などさせなければよかったのに、と。

直接、敵の手にかかったのではなくても、叔母は確かに戦争の犠牲者だったのだと思います。

そんな長生きしている私の親族なので私自身も長生きできるんじゃないかと思っています。

でも人間、人生の中でいつ何が起こって死んでしまうかもしれませんからね。

それで私は長生きサプリを飲んでいます。

私もみんなに負けないくらい長生きしたいですからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です